ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SPARKLEでもGANG-O GROOVE | main | GANG-OのLIVEスケジュールまとめ♪ >>
2017.03.31 Friday

BOOOYAH!VOL.5 〜記憶への挑戦〜 其の一

 

酒飲んでますかー!

 

酒を飲んだら飲まれちゃえ!おごってくれたらいくらでも!がモットー!

GANG-Oの敏腕マネージャー、ターバンSAKAIです。

噓でーす!お酒にのまれるのは怖いです。自分を見失うのはおそろしい....

あと、敏腕もウソです。

 

GANG-Oの移動は基本車なので運転手である私ギャンマネSAKAIは飲酒禁止。

若かりし小娘時代。イカしたBARのマスターに

「店ごと飲む気か」

「グラスは残しとけ」

とまで言われたこの酒豪のわたくしが

今やどんな時でもノンアルコールノンスモーキンすなわち、クールにスッと現場に立っておる、という次第。

 

でも、やはりお酒飲みたいんですよ。

だってお酒を飲むと100倍楽しいし♡

 

で、GANG-Oメンバーに

「BOOOYAHでは飲ませてお願いでないと超グレる」と頼み込み見事快諾していただきました。

 

「BOOOYAH!」とは奇数月の第二土曜日!千葉のスターナイトにGANGONNECTIONSファミリーやGANG-Oファンが大集結し自分たちの為に自分たちの好きな曲を思う存分味わって楽しんじゃおう!

そしていろんな人々を巻き込んでしまおう!という夢のようなパーティー!

 

オル・スクール風のフライヤー♪

 

しかしここで楽しすぎる故の問題が。

 

楽しみすぎて飲み過ぎて記憶がない。それはもうきれいさっぱり。

二日酔いよりつらい事実!

 

記憶がない=記事が書けない

 

マネージャーとして仕事にならない。

 

わーHULKさんがメールで

「ちさマネ、早くブログ書いてネ♡でないと 次俺が書けないから

って言ってくるよー

あーん何にも覚えてないよーでも楽しかったしー

 

♡写真がある!

(友達が撮った)写真を見て記憶をだぐり寄せよう!

そして記事を書くのだ!

 

さて、そんなプロローグをしたためつつ.....。

 

記憶の旅へlet's go!

 

 

BOOOYAH!VOL.5はGANG-OにもGANGONNECTIONSにも所縁の深い

「DJ BEAT」さんが SP GUEST DJでBOOOYAH!に登場!

 

先に言っちゃうけどこれ見逃した人、残念!!

最初から最後まで圧巻のDJパフォーマンス。

持ってきたすべてのレコードを使いきってのミックス、スクラッチ、トリックとなんと豪華な...。

私は「MIX時々スクラッチ」のBEATさんしか知らなかったので(それでも超かっこいいですが)かなりの衝撃でした。

ほぼ、スクラッチとトリックで2時間近く。

オーディエンスは最後までロックされっぱなしでクールダウン一切なしの激熱タイム!

聴いて良し、観て良し、体が勝手に動いちゃう!の完璧なパフォーマンス!

昔からBEATさんを知るGANGONNECTIONSのメンバーも、こんなビートさん久しぶり♡って感激してました!

ヤバかった。また、是非に!

 

 

この日はオープン前にDJ YA$が会場の音の調整をしました。

実はプロのPAエンジニアでもあるDJ YA$。

以前からBOOOYAH!開催時の整音を提案してて、やっとのことで実現。

これがまた大好評で。

プロのチューニングてスゴイ。全然ちがう。

私は、DJ YA$が調整をしていた事を知らなかったので

お店がスピーカーを変えたのかと思いました。

 

スピーカーの対面に位置するアクセサリーの物販ブースの和姉様やBOOOYAH!オーガナイザーのDJ C-CHANNELも

気持ちが良過ぎる、こんなに音が良くなるものなの?と

ついでに調整中のDJYA$がカッコ良かったと。

 

う、ウレシイ。

 

でもぉ、一番重要なところだよね。

音で楽しませようとしてるんだからね。

例えば、狭くて、立地悪くてちょっと汚いお店とかでも

音響照明がバッチリだと一目おいちゃうし、印象に残るもの。

逆にどんなにリッチで洒落た雰囲気だとしても、音すっかすかーだと、萎えてしまう。

えー、そこ手、抜くー?って。

 

いい音に包み込まれるって最高だもんね。

DJ YA$は常に!そこに全精力を注いでいます。

クラブでもMIXCDでも、家でもです。

 

 

其の二へ続く➡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album